猫と暮らそう!|猫の安全を守るための4つのポイント

ねこ

猫を飼いたいんだけど、どんなことに気を付けたらいい?

4つのポイントで

家の中の環境を整えておくと安心だよ

初めて猫と暮らすとき、すごく久しぶりに猫を迎えるとき、飼い主さんもドキドキしてしまうものですよね。

いろいろなハードルをクリアして、いよいよ猫を迎えられるようになったら、

もう一度、猫の特性と安全を守るためのポイントを確認しましょう。

高い所の安全確認

どこにでも登る|特にキッチンは要注意

猫は高いところが大好きです。棚の上や机の上はもちろん、キッチンの上に飛び乗ったり、カーテンをよじ登ったりもします。

キッチンでは包丁やコンロ、洗剤など、猫にとって危険な道具を使います。猫からはキッチンの上は見えませんので、ピョンと上ったところに熱せられたコンロや包丁があったり、漂白剤を使用していたりすると大変です。いずれの場合も猫が大ケガをしてしまうかもしれません。

カーテンをよじ登っている最中に、爪が外れなくなって宙づりになってしまったり、カーテンレールの上までにあがって降りれなくなってしまうこともあります。キャットタワーなどを設置して上に登りたい欲求をみたしてあげることが必要です。

アイキャッチ画像は、和室の鴨居を利用したキャットタワー!作り方は、またいつか紹介します。

なんでも落とす|机の上や棚の上のものに注意

猫は高い所も大好きですが、棚の上や机の上のもの物を落として遊ぶことも大好きです。落とされると壊れてしまうものや危ないものは机の上や棚の上に乗せないようにした方がよいでしょう。

においのするものや危険なものは片付ける

においに敏感|生ごみやオイルに注意

猫は嗅覚が敏感なので、十分ごはんを与えられている猫でも、においの元を確かめようとすることがあります。においにつられてオイルや洗剤をなめてしまうこともありますので、生ごみやにおいの強いオイル類は猫が入れない場所に片づけておきましょう。

鼻を近づけて確認しちゃう|猫が食べてはいけない食材に注意

ネギ類やカカオなどのように人間の食べ物で猫に害のあるものもあります。猫は初めてのにおいには強く反応し、鼻を近づけたり、肉球で触ってみたりします。キッチンの食材にも注意が必要です。

隙間などに猫が隠れていないか確認を

隙間があれば入る|洗濯機やお風呂場に注意

猫は狭くて暗いところが大好きです。野良猫が車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んで寝ていることがあるため、車を動かす前にボンネットをバンバンと叩く「猫バンバン」が最近では推奨されています。家の中でも猫は洗濯機やお風呂場など、意外なところで寝ていることがあるものです。猫がいることに気づかずに洗濯機を回してしまったり、お風呂の水を張ってしまったりしたことで猫がおぼれてしまうことがないよう、必ず確認することが大切です。

レジ袋や紙袋大好き|持ち手の部分が危険

猫は、レジ袋や紙袋に入る遊びが大好きですが、持ち手が首や手に絡まると大変です。

レジ袋や紙袋で遊んであげるときは見ているようにするか、持ち手を切ってしまうとよいでしょう。使っていない持ち手のついている袋は、猫が入らないようにたたんでしまっておきましょう。

脱走に注意!

猫でも転落は危険

特にマンションや集合住宅の3階以上の部屋で猫を飼う際には脱走に注意しなければなりません。いくら猫の運動神経がよくても、3.5mを超える高さになると受け身を上手く取れなくなります。落ちた際の衝撃に耐えられず致死率が上がってしまうのです。

特に多いのは交通事故

1、2階の部屋で買う場合にも脱走には注意が必要です。猫は後ずさりがすばやく出来ず、動いているものを見つけると止まって確認しようとするため、街中で屋外に出た猫は交通事故にあいやすいといえます。

かわいい猫が交通事故にあわないよう、脱走には注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました